百人一首:歌番号081~090現代語訳・品詞分類など

081:ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる

歌番号:081
作 者:後徳大寺左大臣
原 文:ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる
読み方:ほととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる
決まり字:1字
<品詞分類>ほととぎす(名) 鳴き(動・カ四・連用)つる(助動・完了・連体)方(名)を(格助) ながむれ(動・マ下二・已然)ば(接助) ただ(副)有明(名)の(格助) 月(名)ぞ(係助)残れ(動・ラ四・命令)る(助動・存続・連体)
<現代語訳>
準備中
<語句語法>
準備中
<表現技法>
準備中

082:思ひわび さても命は あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり

歌番号:082
作 者:道因法師
原 文:思ひわび さても命は あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり
読み方:おもひわび さてもいのちは あるものを うきにたへぬは なみだなりけり
決まり字:2字
<品詞分類>思ひわび(動・ハ上二・連用) さても(副)命(名)は(係助) ある(動・ラ変・連体)ものを(接助) 憂き(形・ク・連体)に(格助)たへ(動・ハ下二・未然)ぬ(助動・打消・連体)は(係助) 涙(名)なり(助動・断定・連用)けり(助動・詠嘆・終止)
<現代語訳>
準備中
<語句語法>
準備中
<表現技法>
準備中

083:世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

歌番号:083
作 者:皇太后宮大夫俊成
原 文:世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる
読み方:よのなかよ みちこそなけれ おもひいる やまのおくにも しかぞなくなる
決まり字:5字
<品詞分類>世の中(名)よ(間助) 道(名)こそ(係助)なけれ(形・ク・已然) 思ひ入る(動・ラ四・連体) 山(名)の(格助)奥(名)に(格助)も(係助) 鹿(名)ぞ(係助)鳴く(動・カ四・終止)なる(助動・推定・連体)
<現代語訳>
準備中
<語句語法>
準備中
<表現技法>
準備中

084:長らへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき

歌番号:084
作 者:藤原清輔朝臣
原 文:長らへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき
読み方:ながらへば またこのごろや しのばれむ うしとみしよぞ いまはこひしき
決まり字:3字
<品詞分類>長らへ(動・ハ下二・未然)ば(接助) また(副)このごろ(名)や(係助) しのば(動・バ四・未然)れ(助動・自発・未然)む(助動・推量・連体) 憂し(形・ク・終止)と(格助)見(動・マ上一・連用)し(助動・過去・連体)世(名)ぞ(係助) 今(名)は(係助)恋しき(形・シク・連体)
<現代語訳>
準備中
<語句語法>
準備中
<表現技法>
準備中

085:夜もすがら 物思ふころは 明けやらで 閨のひまさへ つれなかりけり

歌番号:085
作 者:俊恵法師
原 文:夜もすがら 物思ふころは 明けやらで 閨のひまさへ つれなかりけり
読み方:よもすがら ものおもふころは あけやらで ねやのひまさへ つれなかりけり
決まり字:2字
<品詞分類>夜もすがら(副) 物思ふ(動・ハ四・連体)ころ(名)は(係助) 明けやら(動・ラ四・未然)で(接助) 閨(名)の(格助)ひま(名)さへ(副助) つれなかり(形・ク・連用)けり(助動・詠嘆・終止)
<現代語訳>
準備中
<語句語法>
準備中
<表現技法>
準備中

086:嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな

歌番号:086
作 者:西行法師
原 文:嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな
読み方:なげけとて つきやはものを おもはする かこちがほなる わがなみだかな
決まり字:3字
<品詞分類>嘆け(動・カ四・命令)とて(格助) 月(名)やは(係助)物(名)を(格助) 思は(動・ハ四・未然)する(助動・使役・連体) かこち顔なる(形動・ナリ・連体) わ(代)が(格助)涙(名)かな(終助)
<現代語訳>
準備中
<語句語法>
準備中
<表現技法>
準備中

087:村雨の 露もまだひぬ 真木の葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ

歌番号:087
作 者:寂蓮法師
原 文:村雨の 露もまだひぬ 真木の葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ
読み方:むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに きりたちのぼる あきのゆふぐれ
決まり字:1字
<品詞分類>村雨(名)の(格助) 露(名)も(係助)まだ(副)ひ(動・ハ上一・未然)ぬ(助動・打消・連体) 真木(名)の(格助)葉(名)に(格助) 霧(名)立ちのぼる(動・ラ四・連体) 秋(名)の(格助)夕暮れ(名)
<現代語訳>
準備中
<語句語法>
準備中
<表現技法>
準備中

088:難波江の 芦のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき

歌番号:088
作 者:皇嘉門院別当
原 文:難波江の 芦のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき
読み方:なにはえの あしのかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや こひわたるべき
決まり字:4字
<品詞分類>難波江(固名)の(格助) 芦(名)の(格助)かりね(名)の(格助) ひとよ(名)ゆゑ(名) み(名)を(格助)つくし(動・サ四・連用)て(接助)や(係助) 恋ひわたる(動・ラ四・終止)べき(助動・推量・連体)
<現代語訳>
準備中
<語句語法>
準備中
<表現技法>
準備中

089:玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの よわりもぞする

歌番号:089
作 者:式子内親王
原 文:玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの よわりもぞする
読み方:たまのをよ たえなばたえね ながらへば しのぶることの よわりもぞする
決まり字:2字
<品詞分類>玉の緒(名)よ(間助) 絶え(動・ヤ下二・連用)な(助動・完了・未然)ば(接助)絶え(動・ヤ下二・連用)ね(助動・完了・命令) ながらへ(動・ハ下二・未然)ば(接助) 忍ぶる(動・バ上二・連体)こと(名)の(格助) よわり(動・ラ四・連用)も(係助)ぞ(係助)する(動・サ変・連体)
<現代語訳>
準備中
<語句語法>
準備中
<表現技法>
準備中

090:見せばやな 雄島のあまの 袖だにも ぬれにぞぬれし 色はかはらず

歌番号:090
作 者:殷富門院大輔
原 文:見せばやな 雄島のあまの 袖だにも ぬれにぞぬれし 色はかはらず
読み方:みせばやな をじまのあまの そでだにも ぬれにぞぬれし いろはかはらず
決まり字:2字
<品詞分類>見せ(動・サ下二・未然)ばや(終助)な(終助) 雄島(固名)の(格助)あま(名)の(格助) 袖(名)だに(副助)も(係助) ぬれ(動・ラ下二・連用)に(格助)ぞ(係助)ぬれ(動・ラ下二・連用)し(助動・過去・連体) 色(名)は(係助)かはら(動・ラ四・未然)ず(助動・打消・終止)
<現代語訳>
準備中
<語句語法>
準備中
<表現技法>
準備中
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする