NEW HORIZON2 Unit1-1:和訳・重要表現などの学習ポイント

Unit1:A Trip tp Singapore

Unit1-1:Scene1
Unit1-2:Scene2
Unit1-3:Read and Think 1
Unit1-4:Read and Think 2
Let’s Talk1(←今ココ!)
Unit0の和訳・重要表現へ
—Unit2の和訳・重要表現へ(作成中)
NEWHORIZON2の目次へ

和訳・新出語句とともに、単元に出てくる『重要表現』や『学習のポイント』を紹介します。日頃の予習復習やテスト前の確認に使ってください。
特に『重要表現』は教科書に出てくる大事なところなのでテストにとても出しやすいです。

☆スポンサーリンク


和訳

お願い)和訳は出来る限りすべての単語を訳すようにしていますので、日本語の表現として違和感があったり、回りくどい表現になっている箇所があります。文意を理解して適切な日本語に置き換えてください。

〔?〕朝美のゴールデンウィーク休暇の計画は何ですか。
やぁ、ジョシュ。
あのね。
私はゴールデンウィーク休暇の間にシンガポールを訪れるつもりです。
私の初めての海外旅行です。
とてもワクワクしています。
私は私のおばさんと彼女の夫の家に滞在するつもりです。
彼らは私をあちこち案内してくれる予定です。
あなたはどうですか?
あなたは休暇に何か予定はありますか?
朝美

単語・語句

holiday:休暇、休日
abroad:海外に、海外へ
aunt:おばさん
uncle:おじさん
husband:夫
wife:妻
around:あちこち、ぐるっと、周りを
show:…を案内する、…を見せる
plan:予定、計画

ちょっと豆知識

“my aunt and her husband”とありますが、直訳で「私のおばさんと彼女の夫」となります。
綺麗な日本語にしようとしたら「私のおばさんとおじさん」でよいでしょう。

この単元で出てくる重要表現

この単元で出てくる連語や熟語です。
今回、覚えたい表現は4個。
教科書の本文に使われている表現なのでテストに出しやすいです。
必ず覚えるようにしましょう。

★★★今回の重要表現★★★
Guess what?:あのね。何だと思う?
during:…の間ずっと
stay with …:~の家に滞在する
How about you?:あなたはどうですか?

Guess what?:あのね。何だと思う?

“guess”は「…推測する」という意味があります。
発音は「ゲス」……日本語ではイメージが悪いですね(笑)
“Guess what?”で「何を推測する?」となり、相手の興味を引くための前置きとして使われます。
日本語では「ねぇねぇ」とか「あのね」とかがいい表現かもしれません。

during:…の間ずっと

「…の間ずっと」となりますので、後ろにくる言葉は「期間」があるものになります。
本文では「ゴールデンウィーク休暇」でしたが、「夏休み」や「お正月」また時間は短いですが、「昼休み」とかもよいでしょう。
前置詞の穴埋め問題で出されることが多いですね。

stay with …:~の家に滞在する

“stay”は「滞在する」という意味がありますね。
“with”は「いっしょに」なので、直訳すると「いっしょに滞在する」となります。
しかし、”stay with”は「…の家に滞在する」という意味で使われることが多いのです。
日本語訳するときは前後の文脈から推測しましょう。

How about you?:あなたはどうですか?

相手に意見を求めるときによく使われます。
そのほか、説明してほしいとき、提案や勧誘をするときにも使われます。
一つの連語として覚えておくとよいでしょう。

この単元で新しく学習すること

未来を表す表現の”be going to …”が出てきます。
“to”の後は必ず「動詞の原形」を使ってください。
また、be動詞が使われているので、疑問文・否定文はbe動詞のルールが適用できます。

<肯定文>

日本語:私は京都に行くつもりです。
英 語:I am going to go to Kyoto.

<否定文>
日本語:私は京都に行くつもりはありません。
英 語:I am not going to go to Kyoto.

<疑問文>
日本語:あなたは京都に行くつもりですか?
英 語:Are you going to go to Kyoto.
日本語:はい、そのつもりです/いいえ、そのつもりはありません。
英 語:Yes, I am./No, I am not.

かなな先生
いつも応援ありがとうございます。
よろしければ、このボタンを押してください。
たぬぬの励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人物イラスト提供:アイキャッチャー様

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。