NEW CROWN3 Lesson 5-1:和訳・重要表現などの学習ポイント

Lesson 5-1:I Have a Dream

Lesson 5:GET Part1(←今ココ!)
Lesson 5:GET Part2
Lesson 5:USE Read

Lesson 4の和訳・重要表現へ
—Lesson 6の和訳・重要表現へ(作成中)

NEW CROWN3の目次へ

和訳・新出語句とともに、単元に出てくる『重要表現』や『学習のポイント』を紹介します。日頃の予習復習やテスト前の確認に使ってください。
特に『重要表現』は教科書に出てくる大事なところなのでテストにとても出しやすいです。

☆スポンサーリンク


和訳


お願い)和訳は出来る限りすべての単語を訳すようにしていますので、日本語の表現として違和感があったり、回りくどい表現になっている箇所があります。文意を理解して適切な日本語に置き換えてください。

花:ワシントンD.C.にはどこか興味深いところはありますか。
マーク:あなたが行くべき新しい博物館があります。それはアフリカ系アメリカ人の生活や歴史、文化について多くの素晴らしい話を教えてくれます。
花:魅力的ですね。見て、私のガイドブックにあります。この写真は何ですか。
マーク:それはアメリカの歴史の中で恐ろしい時間を教えてくれています。あなたは博物館でもそれについて学ぶことができます。

単語・語句


Washington D.C.:ワシントンD.C.
African-American:アフリカ系アメリカ人
fascinating:魅力的な
martial:勇ましい
repair:修理する

この単元で出てくる重要表現


この単元で出てくる連語や熟語です。
今回、覚えたい表現は2個。
教科書の本文に使われている表現なのでテストに出しやすいです。
必ず覚えるようにしましょう。

★★★今回の重要表現★★★
tell,show:教える
Sounds fascinating:魅力的ですね

tell,show:教える


“tell”は「言う」、”show”は「見せる」という意味がありますが、この「言う」「見せる」行為をすることで、相手に何かを「教える」ことができます。

本文4文目では”It tells lots of great stories ~”とあります。
上の訳では「素晴らしい話を『教えて』くれます」としていますが、これは”it”が指す”a new museum”が言って教えてくれるという意味になります。

また、本文8行目では”That shows ~”とあり、”that”は前に出てきた”this picture”です。
マークや花の立場では、この”this picture”を「見る」ことで「知る」ことができます。
“this picture”の立場からすると「見せて」内容を「教える」ことができます。
だから”show”が使われているのです。

Sounds fascinating:魅力的ですね


“sounds good”などの言い方もあるように、何かに対して称賛する言葉になります。
“Sounds fascinating”なら「魅力的に聞こえます」くらいの認識で、そのときどきにあった訳をしたらいいでしょう。

この単元で新しく学習すること

作成中

かなな先生
いつも応援ありがとうございます。
よろしければ、このボタンを押してください。
たぬぬの励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人物イラスト提供:アイキャッチャー様

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。