NEW CROWN2 Lesson 4-GET Part1:和訳・重要表現などの学習ポイント

Lesson 4:Uluru

Lesson 4:GET Part1(←今ココ!)
Lesson 4:GET Part2
Lesson 4:USE Read

Lesson 3の和訳・重要表現へ
—Lesson 5の和訳・重要表現へ(作成中)

NEW CROWN2の目次へ

和訳・新出語句とともに、単元に出てくる『重要表現』や『学習のポイント』を紹介します。日頃の予習復習やテスト前の確認に使ってください。
特に『重要表現』は教科書に出てくる大事なところなのでテストにとても出しやすいです。

☆スポンサーリンク


和訳

お願い)和訳は出来る限りすべての単語を訳すようにしていますので、日本語の表現として違和感があったり、回りくどい表現になっている箇所があります。文意を理解して適切な日本語に置き換えてください。

陸:あなたはオーストラリアでどのように過ごしましたか。
ケイト:私のおばさんがシドニーの家に私を招待してくれました。私たちは毎日観光にに行きました。何枚か写真をあなたに見せます。
陸:わぁ。あなたはコートを着て、手袋をしています。寒かったのですか?
ケイト:はい。そこは冬の中頃でした。
陸:いま思い出した(そうでしたね)

単語・語句

spend:過ごす、(時間を)費やす
aunt:おばさん
invite:招待する
coat:コート
Uluru:ウルル
Sydney:シドニー

この単元で出てくる重要表現

この単元で出てくる連語や熟語です。
今回、覚えたい表現は2個。
教科書の本文に使われている表現なのでテストに出しやすいです。
必ず覚えるようにしましょう。

★★★今回の重要表現★★★
middle of …:…の真ん中
Now I remember.:そうでしたね。

middle of …:…の真ん中

本文では”middle of winter”とあり、「冬の真ん中」となりますが、日本語の表現としてはおかしいので、「冬の中頃」と言い換えています。

Now I remember.:そうでしたね。

直訳すると「今、私は思い出した」となります。
つまり、それまでは「忘れていた」ということです。
直訳すると、言い回しが言い訳っぽく聞こえなくもないですが、一つの表現として覚えてください。
雰囲気的には「あー、そうそう、そうだったよ」位の軽いものです。

この単元で新しく学習すること

作成中

かなな先生
いつも応援ありがとうございます。
よろしければ、このボタンを押してください。
たぬぬの励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人物イラスト提供:アイキャッチャー様

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。