NEW HORIZON2 Let’s Talk1:和訳・重要表現などの学習ポイント

Let’s Talk1:ホテルでのトラブル

Unit1-1:Scene1
Unit1-2:Scene2
Unit1-3:Read and Think 1
Unit1-4:Read and Think 2
Let’s Talk1(←今ココ!)
Unit0の和訳・重要表現へ
—Unit2の和訳・重要表現へ(作成中)
NEWHORIZON2の目次へ

和訳・新出語句とともに、単元に出てくる『重要表現』や『学習のポイント』を紹介します。日頃の予習復習やテスト前の確認に使ってください。
特に『重要表現』は教科書に出てくる大事なところなのでテストにとても出しやすいです。

☆スポンサーリンク


和訳


お願い)和訳は出来る限りすべての単語を訳すようにしていますので、日本語の表現として違和感があったり、回りくどい表現になっている箇所があります。文意を理解して適切な日本語に置き換えてください。

客:すみません。部屋に問題があります。
受付:ああ、問題は何ですか?(どうかしましたか?)
客:エアコンが故障しています。調べてもらえますか。
受付:もちろんです。すぐに調べます。問題をお詫びいたします。
客:ありがとう

単語・語句


guest:客
clerk:受付、フロント係
air conditioner:エアコン
certainly:承知しました。
apologize:お詫びする。謝る。
trouble:問題、困難、面倒

この単元で出てくる重要表現


この単元で出てくる連語や熟語です。
今回、覚えたい表現は3個。
教科書の本文に使われている表現なのでテストに出しやすいです。
必ず覚えるようにしましょう。

★★★今回の重要表現★★★
work:動く
right away:すぐに
next door:となりの部屋

work:動く


“work”は「働く」という意味がありますが、「(正常に)動く」という意味もあります。
主に機械や薬などに使われます。
「エアコンが働く」と考えると、「エアコンが動く」と意味になりますね。
「薬が働く」と考えると、「薬が効く」となります。
与えられた仕事をこなすことが”work”の意味だと考えてください。

next door:となりの部屋


日本語では「部屋」、英語では「ドア」を基準に考えます。
これは文化の違いでしょうね。
一応、外国人の知り合いに聞いたところ、「部屋はプライベート空間だから」とか、「だって、昔っからそういうよ」とかいろいろな返事が返ってきました。

この単元で新しく学習すること


特に新しいことはやりませんが、「依頼」「お願い」でよく使われる”Please”,”Can you”,”Will you”,”Could you”を復習しておきましょう。

たぬぬ「前回『Can you~?』と『Could you~?』の違いをやりましたけど、『Can you~?』と『Will you~?』の違い...
質問投書箱より たぬぬ「このような投書がありました、お願いできますか?」 ふみみ「はい、インターネットの方ですね。やりましょう」...
かなな先生
いつも応援ありがとうございます。
よろしければ、このボタンを押してください。
たぬぬの励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人物イラスト提供:アイキャッチャー様

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。