【幾何学的確率】コインを投げて決められた図形の中に収まる確率の出し方

とある枠のなかにコインが入る確率のように、事象を数字として表しにくいものは面積を使って確率を計算します。これを幾何学的確率と言います。高校の参考書などには載っているのですが、考え方は中学生でも十分理解できますので、チャレンジしてみてください。

中学で習う助動詞の学習

中1で初めて習う"can"。これは助動詞と呼ばれ、動詞の働きを助けるものです。中2に入ってからもいくつか習い、英語の苦手な人にとっては混乱のもとになります。しかし、文法と意味をしっかり理解することで、英語の表現の幅を広げてくれますので、しっかりと定着させましょう。

スポンサーリンク