野菜は冷凍するとまずくなる?まずくならない方法は。

質問投書箱(なんで冷凍した野菜はまずいの?)

ふみみ「確かに、最近野菜が高いから冷凍したくなるけど」

たぬぬ「食べなければいいじゃないですか?」

ふみみ「だからたぬぬ先生は太るのよ。野菜は食べなきゃダメ」

たぬぬ「はぁい…で、冷凍した野菜ってどんな感じになってますか?」

ふみみ「んー、メリハリがない味でべちゃっとしている?」

たぬぬ「そんな感じですね。野菜を冷凍するとまずくなるのは『細胞』に原因があるんですよ」

ふみみ「細胞…ですか?」

たぬぬ「はい、野菜の細胞、つまり『植物細胞』には『細胞壁』というものがあります」

ふみみ「理科でやりますね」

たぬぬ「細胞の中には水分が含まれています。その水分を凍らすと…」

ふみみ「体積が増える!」

たぬぬ「正解、あと『固体』になりますよね。固くなるんです」

ふみみ「確かにカチンコチンになりますね」

たぬぬ「そうすると、『固体』になった水分が『細胞壁』を壊してしまうんです」

ふみみ「固体になると『とがった角』もできますからね」

たぬぬ「その後、解凍をしたときに、『細胞壁』内にあった水分が流出してしまい、『べちゃ』っとした食感の野菜ができるというわけです」

ふみみ「あー、いわゆる『ドリップ』ですね」

たぬぬ「原理がわかれば対処はできます」

ふみみ「というと?」

たぬぬ「調理後、もしくは下ごしらえ後の物を冷凍したらいいんですよ」

ふみみ「あ、ほうれん草なら『ゆでた』後にってことですね」

たぬぬ「そう、それで水分量が減ります。冷凍の時は『水分量を減らす』といいんですよ」

たぬぬ「だから水分たっぷりの生野菜を冷凍するからまずくなるんです。」

たぬぬ「塩で下味付けを兼ねて水分をとってもいいかもですね」

ふみみ「それはお肉やお魚でよくやりますね」

たぬぬ「そして解凍したお野菜は火を通して使うと、べちゃっと感は気にならないのではと思います」

ふみみ「わかりました、でも、お野菜嫌いなのにどうしてそんなこと知ってるんですか?」

たぬぬ「嫁に教えてもらいました」

ふみみ「なるほど、では今回はこのへんで。たぬぬ嫁さんありがとうございました」

たぬぬ「僕からもありがとう」

★今日のまとめ
・野菜を冷凍すると『細胞壁』が破壊される
・下ごしらえした後に冷凍すると少しはマシになる
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。