NEW HORIZON1 Daily Scene6:和訳・重要表現などの学習ポイント

Daily Scene6:ちょっとお願い

Unit10-1:Part1
Unit10-2:Part2
Unit10-3:Part3
Daily Scene6(←今ココ!)
Unit9の和訳・重要表現へ
—Unit11の和訳・重要表現へ(作成中)
NEWHORIZON1の目次へ

和訳・新出語句とともに、単元に出てくる『重要表現』や『学習のポイント』を紹介します。日頃の予習復習やテスト前の確認に使ってください。
特に『重要表現』は教科書に出てくる大事なところなのでテストにとても出しやすいです。

和訳


お願い)和訳は出来る限りすべての単語を訳すようにしていますので、日本語の表現として違和感があったり、回りくどい表現になっている箇所があります。文意を理解して適切な日本語に置き換えてください。

エリカ:窓を開けてもいいですか?暑いです。
エリカの父:もちろん。
エリカ:宿題を手伝ってくれませんか?
エリカの父:ごめん、それは出来ません。私は天ぷらを作っています。エリカ、夕食が準備できました。テーブルを準備してくれますか。
エリカ:わかりました。今行きます。

単語・語句


open:~を開ける
window:窓
hot:暑い
sure:もちろん
help:~を手伝う
homework:宿題
sorry:ごめんなさい
make:~を作る
ready:用意が出来る
set:~を準備する

ちょっと豆知識


“I’m coming.”で「今行きます」という表現になります。
“come”を「来る」と覚えるとこの考え方には違和感がありますが、”come”の意味は「距離が近づく」なのです。
エリカは父(もしくはテーブル)との距離が近くなるので”come”を使うのです。

重要表現

★★ 作成中 ★★

学習のポイント

“Can I ~?”と”Can you ~?”は形が似ていますね。
意味をマル覚えすると間違える可能性がありますね。

ここで注目したいのは『主語』。
つまり『誰』が動くのかを考えてください。

“Can I open the window?”なら、主語は「私」。
私が窓を開ける動作をすることから、相手に開けてもいい?という表現になります。

対して、”Can you open the window?”なら、主語は「あなた」。
相手が窓を開ける動作をするから、相手に開けてください、という表現になります。

英語は主語と動詞に注目することでだいぶわかりやすくなります。

かなな先生
いつも応援ありがとうございます。
よろしければ、このボタンを押してください。
たぬぬの励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人物イラスト提供:アイキャッチャー様

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。