NEW HORIZON2 Unit2-1:和訳・重要表現などの学習ポイント

Unit2:A Trip to the U.K.

Starting Out(←今ココ!)

Unit2-2:Dialog

Unit2-3:Read and Think 1

Unit2-4:Read and Think 2

Unit1の和訳・重要表現へ

—Unit3の和訳・重要表現へ(作成中)

NEWHORIZON2の目次へ

和訳・新出語句とともに、単元に出てくる『重要表現』や『学習のポイント』を紹介します。日頃の予習復習やテスト前の確認に使ってください。
特に『重要表現』は教科書に出てくる大事なところなのでテストにとても出しやすいです。

和訳

お願い)和訳は出来る限りすべての単語を訳すようにしていますので、日本語の表現として違和感があったり、回りくどい表現になっている箇所があります。文意を理解して適切な日本語に置き換えてください。

こんにちは、ディーパ。

休日のあなたの予定は何ですか?

私は来週、イギリスを訪れるつもりです。

私の姉と私はたくさんのものを見るつもりです。

あなたは何かイギリスからのものがほしいですか?光太

単語・語句

trip:旅行
the U.K.:イギリス
plan(s):予定・計画・プラン
holiday:休日
next:次の
anything:(否定文・疑問文で)何か・何も・どれも

ちょっと豆知識

“the U.K.”は、”the United Kingdom”の略です。

イギリスは『イングランド』,『スコットランド』,『ウェールズ』,『北アイルランド』の4つの国で構成されています。

重要表現

今回、覚えたい表現は2個です。教科書の本文に使われている表現なのでテストに出しやすいです。必ず覚えるようにしましょう。

★★★今回の重要表現★★★
your plans:あなたの予定
Do you want anything from theU.K.?:あなたは何かイギリスからのものがほしいですか?

your plans:あなたの予定

「あなたの予定」と訳されますが、複数形で使う場合が多いです。また、予定は何ですか?と聞くことが多いため、疑問詞”What”の使い方を押さえておきましょう。

What are your plans?
あなたの予定は何ですか?

Do you want anything from theU.K.?

“Do you want anything?”で、「何か欲しい?」と聞く表現です。

そこに”from theU.K.”が付くことで「イギリスからの」という意味が加わり、結果として「何かイギリス土産欲しい?」というニュアンスになります。

学習のポイント

未来を表す言葉”be going to~”が登場します。

意味は『~するつもりです』となりますね。

“be”の部分には『主語にあわせたbe動詞』を使ってください。

基本的な文法のルールはbe動詞と同じです。

肯定文

I am going to play tennis.
私はテニスをするつもりです。

“to”の後ろは必ず『動詞の原形』を使います。次のような問題の場合に注意してください。

問)”He plays tennis.”を”be going to”を使って未来の表現にしなさい。
答)He is going to play tennis.

このように、三単現の”s”を消して原形を書かせる問題が出てきます。さらに気を付けたいのが次の問題。

問)”He studies English.”を”be going to”を使って未来の表現にしなさい。
答)He is going to study English.

“studies”は”study”に三単現の”s”を付けた形です。

末尾の”y”を”i”に変えて”es”を付けたはずです。

原形をしっかりと覚えているかがポイントになります。

未来の単元であっても基本的な単語力が必要になってきます。

その他、気を付けたい動詞は以下の通りです。

“wash”,”watch”など三単現の形に”+es”とつけるパターン

三単現の形はそれぞれ”washes”,”watches”です。”s”だけを消してしまいがちです。

問)”He watches TV.”を”be going to”を使って未来の表現にしなさい。
答)He is going to watch TV.

“has”のように不規則に変化するパターン

基本的な単語”have”の三単現の形です。覚えていないとできないでしょう。

問)”He has lunch.”を”be going to”を使って未来の表現にしなさい。
答)He is going to have lunch.

否定文

be動詞が使われているので、be動詞の後ろに”not”を付けるだけです。

肯定文)He is going to study English.
否定文)He is not going to study English.

疑問文

be動詞が使われているので、be動詞を文の初めに持っていきます。答え方もbe動詞の基本と同じです。

肯定文)He is going to study English.
疑問文)Is he going to study English?
答え方)Yes, he is. / No, he is not.

未来を表す語句

未来を表す語句はいくつか覚えておきましょう。

tomorrow:明日
day after tomorrow:明後日
three days later:3日後
next week:来週
next month:来月
next year:来年
this afternoon:今日の午後
かなな先生
いつも応援ありがとうございます。
よろしければ、このボタンを押してください。
たぬぬの励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人物イラスト提供:アイキャッチャー様

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。