NEW HORIZON2 Unit7-4:和訳・重要表現などの学習ポイント

Unit7:World Heritage Sites

Unit7-1:Scene1
Unit7-2:Scene2
Unit7-3:Read and Think 1
Unit7-4:Read and Think 2(←今ココ!)
Let’sTalk5
Let’s Read3(作成中)
Unit6の和訳・重要表現へ
NEWHORIZON2の目次へ

和訳・新出語句とともに、単元に出てくる『重要表現』や『学習のポイント』を紹介します。日頃の予習復習やテスト前の確認に使ってください。
特に『重要表現』は教科書に出てくる大事なところなのでテストにとても出しやすいです。

☆スポンサーリンク


和訳


お願い)和訳は出来る限りすべての単語を訳すようにしていますので、日本語の表現として違和感があったり、回りくどい表現になっている箇所があります。文意を理解して適切な日本語に置き換えてください。

〔?〕富士山は自然遺産ですか、文化遺産ですか。
富士山は世界遺産です。
その美しい自然の形は世界中に知られていますが、それはその文化的な遺産のためにリストに載っています。
なぜか?
それは美しい形をしていますが、似た形の山は他にもあります。
また、その地域で自然はうまく保存されていません。
それが重大な問題です。

では、なぜ富士山は文化遺産としてリストに載っているのでしょうか。
一つの理由として、日本人はその山が神聖であると考えていることです。
別の理由として、その山は人々にインスピレーションを与えることです。
浮世絵版画の中の富士山がよい例です。
それは海外のアーティストにさえ影響を与えています。

富士山はいろいろな角度から見ることができます。
いろいろな人々がいろいろな方法でそれを見ます。
いつの日か、あなた自身でそれを見に来てください。
私たちはそれが永遠に人々によって楽しまれるであろうことを望みます。

単語・語句


worldwide:世界中に
similar:同じような
sacred:神聖な
inspiration:インスピレーション
print:版画
influence:…に影響を及ぼす
angle:角度

この単元で出てくる重要表現


この単元で出てくる連語や熟語です。
今回、覚えたい表現は2個。
教科書の本文に使われている表現なのでテストに出しやすいです。
必ず覚えるようにしましょう。

★★★今回の重要表現★★★
for one thing:一つの理由として
for another:別の理由として

for one thing:一つの理由として


理由を述べるときの表現です。
“for”は原因や理由を表すとき「…のために」「…の理由で」と訳すことができます。
後出の”for another”とセットで覚えてください。

for another:別の理由として


前出の”for one thing”を受けて、別の理由を述べるときに使います。
“another”はいくつかあるものの中から一つを選ぶ時に使われます。

明確に理由が二つの場合は、Unit7-3で使った”First,”,”Second”を使うことが多いです。
例)
There are two reasons.(それには二つの理由があります)
The first ….(第一に、…)
The second ~.(第二に、~)

この単元で新しく学習すること


助動詞付きの受け身を学習します。
助動詞の後ろの動詞は「原形」となりますので、be動詞も原形の”be”を使います。
中学で学習する助動詞すべてに使えます。

can be + 過去分詞:…されることができる
will be + 過去分詞:…されるだろう
must be + 過去分詞:…されなければならない
should be + 過去分詞:…されるべきだ
may be + 過去分詞:…されるかもしれない

かなな先生
いつも応援ありがとうございます。
よろしければ、このボタンを押してください。
たぬぬの励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人物イラスト提供:アイキャッチャー様

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。