西岸海洋性気候の特徴などを考える

中学地理で出てくる気候区分。その中で1,2位を争うほど記述問題が出される『西岸海洋性気候』。今一度、その特徴と記述のポイントをおさらいしておきましょう。

西岸海洋性気候の特徴

『高緯度のわりに温暖な気候』であることが一番の特徴でしょう。

『高緯度』というのは緯度が高い、つまり北半球で考えると『北』の方にあるということです。

西岸海洋性気候が多くみられるヨーロッパ州ですが、日本の北海道よりも北の地域がたくさんあります。

北海道は『冷帯』に属しますが、そこより北にあるのに『温帯』でいられるんです。

けるる先生
北海道より北にある国だと、ドイツ、オランダ、イギリス辺りが有名ですね。

生徒
北海道より北って(笑)めっちゃ寒そうなイメージしかできない!

けるる先生
ヨーロッパの本土部分だけ考えると、すべての国が東京より北にありますよ。

生徒
なんでそんなに北にあるのに『温帯』でいられるの?

なぜ高緯度なのに温帯でいられるのか


★スポンサーリンク


多分、ヨーロッパの人から見たら、『日本は低緯度なのに冷帯がある』とでも言われるんでしょうか?

それはさておき、『なぜ高緯度なのに温暖なのか』に対する解答が記述問題でのキーワードになってきます。

そのキーワードは『海流』『偏西風』です。一つずつ見ていきましょう。

大西洋の海流

『大西洋』はヨーロッパの西にある世界3大洋の一つです。

赤道近辺から流れ始めてアメリカ南部のメキシコ湾を通り、北大西洋の大半をめぐっている『暖流』です。

最終的に、ヨーロッパ西部沿岸やイギリス西部から北部沿岸まで流れてきます。

『暖流』は簡単に言うと『暖かい海水の流れ』となります。

偏西風

高高度で常に吹いている西風のことです。

地球が太陽で温められることによる『空気の対流』と地球の『自転』が影響しています。

生徒
高高度って?

けるる先生
大体5000m以上かな。海外便の飛行機が飛ぶあたりって考えて。ものによっては『ジェット気流』とも呼ばれているよ。

この偏西風はおおよそ北緯30度から60度の間で吹いています。

ちょうどヨーロッパ本土やイギリスが含まれていることに注目してください。

※南半球の同緯度でも同じ方向で偏西風が吹いています。たまに、南半球は逆、などと説明している人もいますので注意してください。常に吹く東風は赤道付近の『貿易風(偏東風)』と北極南極付近に吹く『極東風』です。

西岸海洋性気候の仕組み

ヨーロッパの西の海を流れる『暖流』『暖かい海水』です。

すると海面付近は、『暖流』によって『暖められ』ます。

その暖められた空気が『偏西風』によって、ヨーロッパ西部に流れ込みます。

このようにして、一年中、ヨーロッパ西部には暖かい風が流れ込んでくる仕組みがあります。

これが、『西岸海洋性気候』の仕組みとなるわけです。

『高緯度まで暖流が流れてくること』『偏西風が吹いていること』がポイントとなります。

西岸海洋性気候と温暖湿潤気候の違い

西岸海洋性気候は『温帯』に属します。

私たちが住んでいる日本も温帯に属しますが、その気候区分は『温暖湿潤気候』になります。

生徒
この二つは雨温図で違いが分かりにくいよね

けるる先生
そうですね。ただ明確に違う点が一つあります。

生徒
え、それって何?

けるる先生
気温、特に『最暖月平均気温』です。西岸海洋性気候は月平均気温が『22℃』を超えないんですよ。

生徒
なるほど…って、雨温図じゃ微妙過ぎて見づらいよ!

けるる先生
気温関係でいうと、『夏と冬の寒暖差が少ない』というのもありますね。

生徒
それなら何とか…

西岸海洋性気候の特徴は『高緯度のわりに温暖である』でしたが、さすがに高緯度なだけあって、そこまで気温は上がらないと考えるのがいいでしょう。

具体的には月の平均気温が『22度』以上にならない、雨温図で考えると20℃と30℃の間を4つに分けたうちの20℃よりの1メモリまででしょうか。
※ちょっと、見にくいというのは否定しません。

ただ、『海洋性』と名が付くだけあって、『海』の影響を1年を通して受けます。

そこで、冬に注目してみましょう。

水は熱を保つ力が強いです。冬のお風呂を考えてください。

お風呂場はすぐに寒くなるのに、お風呂のお湯はしばらく暖かいですね。

それと同じで、冬に流れてくる『暖流』も温かいのです。

つまり、冬も影響を受けて『ある程度温暖』となり、夏と冬の寒暖差が少なくなります。

なお、日本の温暖湿潤気候では、冬に『大陸』の影響を受けます。

お風呂場の気温が下がりやすいのと同じで、大陸の温度も冬になると下がりやすいです。

冬はシベリア気団と北西の季節風の影響で、冬はとても寒くなります。

西岸海洋性気候の記述対策

特徴と原因をよく問われます。
特徴の文言は『高緯度のわりに温暖である』で確定です。文字数に応じて表現を少し変えたらいいでしょう。

原因のキーワードは『暖流』『偏西風』です。
文字数が足りない場合は『暖流』を詳しく説明する場合は、『北大西洋海流』と正式名称を使うか、『ヨーロッパ沿岸の大西洋を流れる』などと付け加えればよいでしょう。

原因を問われた場合の基本解答は以下の通りです。

☆暖流と偏西風の影響で、高緯度のわりに温暖である(23字)

☆ヨーロッパ沿岸の大西洋を流れる北大西洋海流と偏西風の影響で、緯度が高いわりに温暖な気候となっている(49字)

キーワードを軸に、文字数を合わせるよう、大事な情報から付け加えていくように心がけてください。これは、他の記述問題にも応用できる『技術』です。

人物イラスト提供:アイキャッチャー様

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 棚橋 より:

    雨温図の読み取り方がよくわかりました。ありがとうございます。

  2. ががが より:

    気温でもわかるんですね。

  3. 匿名 より:

    この前のテストの記述で特徴を答える問題が出ました。寒暖差が少ないまで書いて花マルもらえました(*´∇`*)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。