am not と This is の短縮形はなぜないのか?

Be動詞の短縮形の授業で出た質問です。

「are not」を「aren’t」、「is not」を「isn’t」と短縮するのに、なぜ「am not」を「amn’t(アムント)」と略さないのか?

「This is」を「This’s」と短縮しないのかも併せて説明したので紹介いたします。

「amn’t」とは短縮しない理由

問題:He is not a teacher.を短縮形を使って書きなさい
答1:He isn’t a teacher.
答2:He’s not a teacher.
問題:I am not Tom.を短縮形を使って書きなさい
答え:I’m not Tom.

生徒
I amn’t Tom.では駄目なのですか?

けるる先生
だめですね。amn’tとは短縮しません。

生徒
なんで?

けるる先生
言いにくいから、使わないんですよ。

生徒
えぇ~……

発音をカタカナで書いてみると、「アムント」。

「ム」は口を閉じて鼻から出す音になっているはずです。

続く「ン」も口を閉じて鼻から出す音です。

これは鼻をつまんで発音してみるとよくわかります。

「ア」と「ト」はつまんでいる指が震えないけど、「ム」と「ン」は指が震えます。

この鼻から出す音が連続すると発音しにくいのです。

短縮形はその名の通り、『短くして』話しやすくするものです。

話しにくい「アムント」は使われなくなったのです。

けるる先生
ただ、地方の言葉……方言って言ったらいいでしょうか、アイルランドやイギリス北部(スコットランド)では「amn’t」を使う人がいますね。

生徒
じゃあいいジャン!

けるる先生
みんなが習っている英語は『アメリカの標準的な英語』ですからね。基本をまず定着させましょう。方言は趣味や仕事でどうしても必要な時に覚えたらいいですよ。

全世界の学校の日本語学科で関西弁を教えているようなもんです。

それはそれで楽しいかもしれませんが、一番無難に日本語を勉強するならやっぱり『標準語』ですよね。

「This’s」とは短縮しない理由

けるる先生
もうひとつ短縮形が無いと疑問に感じる有名なフレーズは無いですか?

生徒
「This is」だ。なんで「ズィスズ(This’s)」って短縮しないの?

けるる先生
自分で言っててわかりそうなものですが、「ズィスズ」って言いにくくなかった?

生徒
……言いにくい

けるる先生
「This is」の例のほうがわかりやすかったですね。こちらも言いにくいから使われなくなったのです。

実際、昔の英語では存在していたようですし、シェイクスピアの一説にも使われていました。

ただ、こちらも発音しにくいので消えていった表現となります。

また「This is」は「ズィ スイーズ」と「This」の途中で軽く区切って「is」まで繋げやすい(発音しやすい)ので、「This’s」を使うメリットが全くないと言ってもいいのです。

まとめ

英語は基本的に早口で1分間に200語は使います。

発音しやすいように音が繋がったり(リエゾン)や、音が消えてしまう(リダクション)があります。

このような背景から発音しにくい表現は消えていったのですね。

リエゾンの例:an orange(アン オランジ →アノランジ)
リダクションの例:good job(グッド ジョブ→グッジョブ
かなな先生
いつも応援ありがとうございます。
よろしければ、このボタンを押してください。
たぬぬの励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人物イラスト提供:アイキャッチャー様

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. ヒカル より:

    実際に発音してみて言いにくさを実感しました。学校で習った覚えがないので役に立ちます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。