『a school』と『school』の違い

生徒「先生!単語の前に『a』がついてません。」

かなな「あ、いいところに気が付きましたね。これを見てみましょう」

 『I go to school』
 『I go to a school』

かなな「これは両方とも『学校へ行く』という訳なんですが、意味が少し違います」

かなな「ではみなさん、『school』の絵を描いてみてください」

かなな「全員、校舎の絵を描いてくれましたね。これが日本人の感覚です」

生徒「日本人の感覚?」

かなな「そう、英語圏の人は『school』と言っても校舎を連想しないんです」

かなな「校舎を連想させるには『a school』と伝えるんですよ」

生徒「『a』がつくと校舎って訳になるの?」

かなな「というか、『a』をつけると、数えられる物と考えるんです。校舎は数えられますね」

かなな「『school』『学校生活全般』という概念と考えてもらえればいいですね。」

かなな「『a』がついたら『ものの形が見える』、つかなかったら『考え方・概念』ととる。これが英語圏の人の感覚なんです」

生徒「でも、感覚で勉強するなってひろろ先生言ってましたよ」

かなな「たぶん、それは数学の話ですね。英語は言葉だし文化も関係するので、『英語を使う人の感覚』ってのが大事になるんです」

生徒「ふーん」

かなな「では、学校生活ってどんなものがありますか?」

生徒「えっと、授業や部活かな」

生徒「給食や休み時間!」

かなな「いいですね、それ全部あわせて『school』なんです。数えられますか?」

生徒「数えられ・・・ないな」

かなな「みんなが、学校に行く!というときは、ほぼ学校生活をしにいくわけですよね」

かなな「授業、部活、給食となんだっけ?そういった行動を含めて『学校に行く!』と言っているので、『I go to school』という言い方になります。」

生徒「じゃあ、忘れ物を取りに行ったりするときとかは違うの?」

かなな「その場合は『I go to the school』とかいいますね」

生徒「『the』?」

かなな「じゃあ、次回は『a』『the』の違いをやりましょう。」

生徒「はぁい」

★今日のまとめ
 ・英語を学ぶときは『英語の感覚』が大事になる。
 ・『a』がつくと『ものの形が見える』感覚
 ・『a』がないと『目的や概念』と言った考え方になる感覚
 I go to school.
 ⇒私は(勉強など学校生活をするために)学校に行く。
 I go to a(the) school.
 ⇒私は(場所・建物としての)学校に行く。
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。