NEW HORIZON3 Unit1-1:和訳・重要表現などの学習ポイント

Unit1:Pop Culture Then and Now

Unit1-1:Starting Out(←今ココ!)

Unit1-2:Dialog

Unit1-3:Read and Think 1

Unit1-4:Read and Think 2

Unit0の和訳・重要表現へ

—Unit2の和訳・重要表現へ(作成中)

NEWHORIZON3の目次へ

和訳・新出語句とともに、単元に出てくる『重要表現』『学習のポイント』を紹介します。日頃の予習復習やテスト前の確認に使ってください。

特に『重要表現』は教科書に出てくる大事なところなのでテストにとても出しやすいです。

和訳

お願い)和訳は出来る限りすべての単語を訳すようにしていますので、日本語の表現として違和感があったり、回りくどい表現になっている箇所があります。文意を理解して適切な日本語に置き換えてください。

これはビンセント・バン・ゴッホによって書かれた有名な絵画です。

それは、たくさんの人に愛されています。

バン・ゴッホは浮世絵に影響されました。

いくつかの浮世絵の版画がこの絵の中に示されています。

それらは日本からヨーロッパに持ってこられました。

単語・語句

pop:大衆的な

painting:絵、絵画

influence(d):~に影響を及ぼす

print(s):版画

shown:”show”の過去分詞

show:を見せる、示す

brought:”bringの過去分詞”

bring:~を持ってくる

pop culture:大衆文化

ちょっと豆知識

“influence”は『インフルエンス』と読みます。

どこかで聞いた言葉ですね。まず頭に思い浮かぶのが『インフルエンザ』

インフルエンザは昔、星の「影響」でかかるものと考えられていました。

その影響で「インフルエンザ」の語源となってしまったと言われています。

どうです?難しい読み方かなと思っていた”influence”。もう間違えないと思いませんか?

たぬぬ
身近な言葉と関連付けると単語も覚えやすくなります。

重要表現

★★★今回の重要表現★★★
from ~ to …:~から…に

from ~ to …:~から…に

例)They were brought from Japan to Europe.
訳)それらは、日本からヨーロッパに持っていかれました(もたらされました)。

例)From Ranko to Minami訳)蘭子から美波へ

たぬぬ
穴埋め問題や並べ替え問題で出したいですね。

学習のポイント

受け身(受動態)の基本形を知ることです。

受け身の基本形は『be動詞+過去分詞』で表されます。

規則動詞であるならば、過去形と同じ形ですが、不規則動詞の中には、「過去形」と「過去分詞形」ですら違うものがありますので、少なくとも教科書に出てくる過去分詞の形は覚えましょう。

また、「~によって」という表現は『by』を使うことが多いです。

例)This window was broken by him.
訳)この窓は彼によって壊されました。

本来、動詞は「主語の動作」を表すものです。

しかし、主語が無生物(動かないもの)だったらどうしましょう?

ここで使われるのが『受け身』です。

「~される」と表現することで、無生物を主語にすることができるのです。

また、by以下が一般の人を表す”they”,”we”,”people”などの場合は省略されることが多いです。

例)In Japan,they speak Japanese.
訳)日本では、彼ら(日本人)は日本語を話します。

これを受け身にしてみると……

受け身)In Japan, Japanese is spoken.
訳)日本では、日本語が話されています

by以下がない受動態を見た時は『一般の人々』を指しているのだなと理解してください。

かなな先生
いつも応援ありがとうございます。
よろしければ、このボタンを押してください。
たぬぬの励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人物イラスト提供:アイキャッチャー様

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。