NEW HORIZON3 Unit2-2:和訳・重要表現などの学習ポイント

Unit2:From the Other Side of the Earth

Unit2-1:Starting Out

Unit2-2:Dialog(←今ココ!)

Unit2-3:Read and Think 1

Unit2-4:Read and Think 2

Unit1の和訳・重要表現へ

—Unit3の和訳・重要表現へ(作成中)

NEWHORIZON3の目次へ

和訳・新出語句とともに、単元に出てくる『重要表現』や『学習のポイント』を紹介します。日頃の予習復習やテスト前の確認に使ってください。
特に『重要表現』は教科書に出てくる大事なところなのでテストにとても出しやすいです。

和訳

リカルド:ねぇ、光太。あなたはサッカーチームの一員だよね。

光太:そうだよ。あなたはどうしてそれを知ってるのですか?

リカルド:あなたたちのコーチのパウロがあなたについて教えてくれたのです。彼がブラ
ジルにいた時に、私にサッカーを教えていたのです。

光太:本当に?どのくらい長く彼と知り合いなのですか?

リカルド:8年くらいです。今、彼は日本で私たちの家によくきます。

光太:わぁ。世間はせまいですね。

単語・語句

coach:コーチ
taught:”teach”の過去形・過去分詞
known:”know”の過去分詞形

It’s a small world.:世間はせまい

ちょっと豆知識

“taught”の”gh”や、”know”の”k”は発音しません。

昔は当てはまる音があったのですが、発音しにくいなどの理由から読まなくなってしまいました。

英語の勉強に慣れきってしまえば、あまり気にならなくなり「そんなもんだ」と流してしまう疑問。 昨今、小学生英語の需要が伸びる中、小学生へ...

重要表現

今回、覚えたい表現は3個です。教科書の本文に使われている表現なのでテストに出しやすいです。必ず覚えるようにしましょう。

★★★今回の重要表現★★★
You are ~ ,aren’t you?:あなたは~ですね?
when ~:~のとき
It’s a small world.:世間はせまい

You are ~ ,aren’t you?:あなたは~ですね?

付加疑問文と呼ばれる表現です。

肯定文で言い切れるほど確信してはいないけど、疑問文で問いかけるほどでもないときに使う表現です。

まとめている記事がありますので、詳しくはそちらをご覧ください。

中3で習う付加疑問文。なぜこのような表現があるのか。どのような時に使うのか?どのように答えたらいいのかを考えていきます。また、なぜ『YES』を「いいえ」と訳す時があるのかも解説。

when ~:~のとき

“when”を使って『~のとき』という表現ができます。

この場合、疑問文でなくてもかまいません。

He taught me soccer when he was in brazil.

本文の場合、”when”以下の文章の時、つまり「彼がブラジルにいた」時の話になります。また、”when”以下を文の前半に置くこともできます。この場合、”when”で表したい文の最後にコンマ(,)を付けます。

When he was in brazil, he taught me soccer.

It’s a small world.:世間はせまい

日本語の「世間はせまい」とほぼ同じニュアンスで使われます。

一つの決まり文句として覚えておいてください。

学習のポイント

現在完了の疑問文が登場します。

肯定文・否定文と併せてUnit2-1で解説をしていますので、そちらを参考にしてください。

Unit2-1へ

Unit2-1:現在完了の疑問文(抜粋)
疑問文を作るときは”have(has)”を文の先頭に持っていきます。答えるときも”have(has)”を使います。気を付けてください。Have you played tennis for three years?
あなたは3年間テニスをしていますか?
Yes,I have./No,I haven’t.
はい、しています。/いいえ、していません。Has he played tennis since 2015?
彼は2015年からテニスをしていますか。
Yes,he has./No,he hasn’t.
はい、しています。/いいえ、していません。
かなな先生
いつも応援ありがとうございます。
よろしければ、このボタンを押してください。
たぬぬの励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人物イラスト提供:アイキャッチャー様

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。