NEW CROWN2 Lesson 5-3:和訳・重要表現などの学習ポイント

Lesson 5-3:Thing to Do in Japan

Lesson 5:GET Part1
Lesson 5:GET Part2
Lesson 5:GET Part3(←今ココ!)
Lesson 5:USE Read

Lesson 4の和訳・重要表現へ
—Lesson 6の和訳・重要表現へ(作成中)

NEW CROWN2の目次へ

和訳・新出語句とともに、単元に出てくる『重要表現』や『学習のポイント』を紹介します。日頃の予習復習やテスト前の確認に使ってください。
特に『重要表現』は教科書に出てくる大事なところなのでテストにとても出しやすいです。

☆スポンサーリンク


和訳


お願い)和訳は出来る限りすべての単語を訳すようにしていますので、日本語の表現として違和感があったり、回りくどい表現になっている箇所があります。文意を理解して適切な日本語に置き換えてください。

私の日本旅行
9月25日
ティア(ニュージーランド)

私が娘と一緒に日本を訪問したとき、私たちは観光と買い物に行きました。
私たちは文化活動にも参加しました。
それらは観光や買い物と同じくらい興味深かったです。
私の娘は日本の書法である書道が一番好きでした。
私は料金がとても高かったけれども、着物の着付けの方が好きでした。
私たちはたくさん学び、楽しみました。

単語・語句


daughter:娘
participate:参加する
although:…だけれども
fee:料金
quite:ほんとうに
seafood:魚介、シーフード
flavor:味
genre:ジャンル
loud:大声で

この単元で出てくる重要表現


この単元で出てくる連語や熟語です。
今回、覚えたい表現は4個。
教科書の本文に使われている表現なのでテストに出しやすいです。
必ず覚えるようにしましょう。

★★★今回の重要表現★★★
go …ing:…しに行く
have fun:楽しむ
like … better:…のほうが好き
like … the best:…が一番好き

go …ing:…しに行く


“go”する対象が場所なら前置詞”to”がいりますが、”…ing”の場合には前置詞は不要です。

この単元で新しく学習すること


「…と同じくらい~」という比較と、副詞の比較級を学習します。

as ~ as …:…と同じくらい~


「…と同じくらい~」のように、他のものと比べて同じくらいの程度を表すときは”as 形容詞 as …”を使います。
ここで使う形容詞は「原級(もとの形)」であることに気を付けてください。

I’m as tall as you.
(私はあなたと同じくらい背が高い)

また、否定文になったとき(”not as ~ as …”)は「…ほど~でない」という表現になります。

I’m not as tall as you.
(私はあなたほど背が高くない)

比較級のところでもやりましたが、元の文章を考えてみましょう。

I’m not as tall as you.

このように、”I’m not tall.”となり、「私は背が高くない」ことを言いたいのです。
それをふまえて日本語訳をしましょう。

副詞の比較級


形容詞と同じく、副詞も比較級にすることができます。
比較級、最上級にする方法は形容詞の時と同じですが、不規則変化をするものが出てきます。

<不規則変化の例>
good – better – best
well – better – best
bad – worse – worst
little – less – least

特に動詞に”like”が使われているとき、普通後ろにつけることのない”well”をつけたうえで比較級にすることができます。
これはよく出てくる表現なので、確実に覚えるようにしましょう。


I like cats better.(私は猫のほうが好き)
I like cats better than dogs.(私は犬より猫のほうが好き)
I like cats the best.(私は猫が一番好き)

かなな先生
いつも応援ありがとうございます。
よろしければ、このボタンを押してください。
たぬぬの励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人物イラスト提供:アイキャッチャー様

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。